愛知万博20周年記念事業

開催期間
2025325日〜925

開催まで

開催概要

開催概要



事業名 愛知万博20周年記念事業
愛称 一般投票中(2024年7月7日まで)
会期 2025年3月25日(火)から2025年9月25日(木)までの185日間
※2005年日本国際博覧会(略称:愛知万博)と同じ会期
実施時間
午前10時から午後5時まで(夏季はイベント内容に応じて別途設定)
実施会場
愛・地球博記念公園(愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1)
※海上の森周辺においても関連イベントを実施予定
入場方式 原則無料(イベントによっては一部入場料を設定)
総事業費 約17億円
想定来園者数 185万人

基本計画

実施計画

 
 

ロゴマーク


ロゴ

コンセプト

愛知万博で培った世界の国々との繋がりを、カラフルな配色で表現しています。あわせて、20の中に「花」と「笑顔のモリゾー&キッコロ」が加わることで、20周年をお祝いするデザインとなっています。

 

事業のテーマ  

メインテーマ

つなぐ 未来(あした)へ

 2025年は、 2005年日本国際博覧会「愛・地球博」(以下:「愛知万博」)が開催されて20周年となります。愛知万博の会場であり、2024年3月にジブリパーク全5エリアが開園し、賑わいが増す愛・地球博記念公園において、国内外からの来園者に対し、愛知の多彩な魅力を発信することで、愛知を知り、好きになってもらうことを目的に、様々な人々が集う、つながりの場を創出します。
 また、愛知万博から20年が経過し、万博を知らない世代が増える中で、本事業を通じて改めて愛知万博を振り返り、その意義や成果を再認識することで、未来を担う若者たちにその成果や理念をつなげていきます。

 
 

サブテーマ①

愛知で、さがそう!遊ぼう!つながろう!

 歴史、文化、食、産業など、愛知の多彩な魅力を詰め込み、愛・地球博記念公園を訪れたすべての人がその魅力を体感し、感動や喜び、楽しさを感じることで、「この先もつながっていたい愛知」を見つけることができる記念事業を作り上げていきます。


 

サブテーマ②

語りあおう!つなげよう!自然の叡智

 2005年に開催された愛知万博では、世界の国々や団体だけでなく、多くの市民が参加し、地球規模の課題に対して何ができるか真剣に語り合われました。
 20年が経過した今、それがどのように継承され、持続可能な社会を未来に残すためにこれから何ができるのかを、愛知万博を知らない世代とともに改めて考え、さらに先の世代につなげていくための記念事業を作り上げていきます。